携帯電話基地局用芯数削減型SCM光伝送方式

藤戸 克行  笹井 裕之  山本 浩明  石野 正人  内海 邦昭  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B1   No.10   pp.766-775
発行日: 1997/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 光通信方式
キーワード: 
SCM光伝送,  携帯電話無線基地局,  3次相互変調ひずみ,  半導体レーザ,  周波数変換,  

本文: PDF(636.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
携帯電話信号を基地局と制御局間でSCM光伝送するシステムの低コスト化を目的として3セクタの信号を一括してファイバ伝送する芯数削減方式の伝送システムを提案する.周波数変換や伝送キャリヤ数の増加等の影響による伝送特性の劣化を低減するために,SCM光伝送特性の新しい評価方法を提案し,周波数配置の最適化と光変調度の最適化を行った.その結果,3セクタ分の信号を周波数多重して1個の半導体レーザで伝送し,波長多重双方向伝送を併用することで,従来システムと同等の性能を達成できる見通しを得た.本方式の採用により,半導体レーザ数およびファイバ芯数は従来方式に比べそれぞれ4/9,2/9に削減することができる.