振動モータによる盲ろう者のためのコミュニケーションエイド

菅野 恒雄  永野 秀浩  足原 修  長橋 宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J80-A       pp.1509-1516
発行日: 1997/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 専門分野: コミュニケーション基礎
キーワード: 
盲ろう者,  点字,  コミュニケーションエイド,  振動モータ,  

本文: PDF(681.4KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では,盲ろう者のためのコミュニケーションエイドとして,点字形式の入出力装置を提案する.この装置は6点点字の形式によって入力と出力の両方の操作が可能である.この装置の入出力部の構造は,ページャー用の振動モータと押しボタンスイッチを組み合わせた構造であり,点字情報の提示および入力を同じ位置で行うことが可能である.点字情報の提示位置は入力操作性を考慮し,手指の示指・中指・環指の近位指節間関節と遠位指節間関節付近の手掌側とした.本装置の最適点字提示方法を求めるために,1点刺激の振動刺激感度,2点同時刺激の振動刺激感度に関する実験を行った.これらの結果をもとに,視覚障害者の被験者に対して点字情報を提示する評価実験を行った.実験の結果,約10分間の訓練後,視覚障害者で約84%の認識率で点字情報を認識することが可能であった.点字情報の入力実験は晴眼者の被験者によって行い,延べ約5時間の訓練後約36文字/分の速度で点字を入力することができた.