低エントロピー2値無記憶拡大情報源に対するコンパクト符号構成法についての一考察

長谷川 まどか  加藤 茂夫  山田 芳文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J80-A   No.9   pp.1483-1489
発行日: 1997/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 情報理論,符号理論
キーワード: 
コンパクト符号,  ハフマン符号,  情報源符号化,  無記憶情報源,  拡大情報源,  

本文: PDF(547.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
シンボル出現確率に偏りのある2値無記憶拡大情報源に対するコンパクト符号の構成法について提案する.2値無記憶情報源のn次拡大情報源においては,同一出現確率をもつ通報が多数組発生する.これらの通報をグループ化し取り扱うことにすれば,優勢シンボル出現確率が1に限りなく近い場合,すなわち,低エントロピー情報源に対しては,ハフマンのアルゴリズムによって縮退操作を行う際にはグループ間にまたがる通報の並べ替えは発生しない.本論文では,このことを利用して,上記の場合におけるコンパクト符号の符号語長と符号語数の組,平均符号長,最大符号語長などを符号木を作成することなく簡単な式で容易に求められることを明らかにしたので報告する.