損失を有するLCフィルタの少数の能動素子によるシミュレーション

石橋 幸男  続 和久  庄野 和宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J80-A   No.5   pp.785-790
発行日: 1997/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: アナログ信号処理
キーワード: 
LCシミュレーション,  リープフロッグ構成,  素子感度,  チェビシェフフィルタ,  

本文: PDF(352.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,少数の演算増幅器を用いて,LCシミュレーション形能動RCフィルタを実現する方法について述べている.提案するフィルタは,負の損失を含むインダクタと,正の損失を含むキャパシタからなる,抵抗両終端はしご形LCフィルタをシミュレートすることにより得られる.使用する演算増幅器の数は,従来のリープフロッグ構成法のそれと比べて約2/3に減らすことができる.また,キャパシタの素子値をすべて同一にすることができる.最初に,少数の演算増幅器を用いて,損失を含むリアクタンス素子を実現する方法について述べる.次に,5次チェビシェフ低域フィルタを構成し,測定値が理論値によく一致していることを述べている.最後に,計算機により素子感度解析を行い,提案するフィルタの素子感度は,従来のリープフロッグフィルタと同等であることを示している.