ニオブ酸リチウム単結晶を用いた圧電トランス

中村 僖良  安達 義徳  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J80-A   No.10   pp.1694-1698
発行日: 1997/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (超音波パワーエレクトロニクス論文特集)
専門分野: 圧電トランス
キーワード: 
圧電,  圧電トランス,  ニオブ酸リチウム,  圧電振動子,  

本文: PDF(325KB)>>
論文を購入




あらまし: 
LiNbO3圧電単結晶は,大振幅振動時においても弾性損や誘電損が小さい.本論文では,回転角が120~150°のZ′方向に長いLiNbO3単結晶回転Y板を用いた圧電トランスを提案し,セラミックトランスのように入力部と出力部で分極の向きを変えることなく,昇圧比が大きく高電圧まで飽和特性を示さない小形の圧電トランスが実現できることを示す.また,自発分極の向きとの関係で出力電極を上下面のどちらに付けるかによって出力特性に差が生じることを実験的に明らかにし,これに対して定性的な説明を与えている.