超音波モータの性能限界―摩擦制御機構に着目した検討―

中村 健太郎  上羽 貞行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J80-A   No.10   pp.1637-1647
発行日: 1997/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 招待論文 (超音波パワーエレクトロニクス論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
超音波モータ,  摩擦駆動,  弾性振動,  圧電振動子,  電気等価回路,  

本文: PDF(715.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
超音波モータは圧電素子で発生した振動によって,ロータを摩擦駆動するモータである.これまでに多くの方式が提案されているが,どの方式でも,駆動力源となる振動成分と,それと同期的に摩擦力を制御して一方向駆動力に交換するための振動成分が基本構成要素となっている.本論文では,摩擦力制御方法に注目して,定在波の複合振動を用いるものを接触状態を時間的に制御する方式,進行波を用いるものを接触状態を空間的に制御する方式ととらえ直し,その観点からそれらの特徴と,実現可能な性能限界について考察した.また,接触状態のかわりに摩擦係数そのものを制御する新しい試みと,固体間の摩擦力を全く用いない非接触形の超音波モータについても触れる.