決定性ルールによる乱数発生アルゴリズムとその適用

土井 章男  山口 美春  千葉 則茂  手塚 集  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J79-D2   No.9   pp.1631-1634
発行日: 1996/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
疑似乱数列,  コンピュータグラフィックス,  アンチエイリアス,  ディスクレパンシィ(discrepancy),  決定性ルール,  

本文: PDF(249.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,Niederreiterが提案したGood Lattice PointsとHammersley Pointsの疑似乱数列を取り上げ,コンピュータグラフィックス(CG)における画像生成のエリアシング問題に適用する.次に統計的性質(平均・分散)やディスクレパンシィ(discrepancy)を用いて,これらの疑似乱数列とJittered Samplingを比較し,その有効性を検討する.