等高線の収縮変形による地形復元

小松 香爾  品川 嘉久  國井 利泰  上田 穣  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J79-D2   No.6   pp.1072-1079
発行日: 1996/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: コンピュータグラフィックス(CG)
キーワード: 
断層画像,  輪郭線の補間,  収縮輪郭,  拡散方程式,  臨界点,  

本文: PDF(583.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
3次元物体を,何枚かの2次元平面で切った際に現れる,断面の情報から復元することは,地形復元,医用画像処理,ソリッドモデリング,リモートセンシングなどの分野において重要である.断面から,もとの3次元形状を復元するためには,断面補間を行わなければならない.従来の輪郭線からの断面補間法は,輪郭線上の点のみを用いて,表面を生成するため,例えば,激しく変化する等高線を補間すると,自己交差した表面をもつ地形が生成されてしまうことがあった.更に,分岐している等高線を自動的に補間する手法は,複雑な分岐に対しては,うまく働かなかった.本研究では,拡散方程式に基づき,断面形状を,任意の形状に,連続的に収縮させる,収縮輪郭モデルを提案する.本モデルを等高線の補間に用いることにより,激しく変化する等高線間に存在する尾根や,等高線が分岐している場合の鞍なども,自動的に,滑らかに復元することができる.