対象物スケッチによる風景画像検索とインデックスの自動生成

椋木 雅之  美濃 導彦  池田 克夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J79-D2   No.6   pp.1025-1033
発行日: 1996/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
類似画像検索,  屋外画像,  対象物ラベル付け,  ニューラルネット,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
風景画像検索において,インデックスを自動生成し,生成されたインデックスに誤りが含まれていても検索可能とするために,風景画像の画素単位対象物ラベル付け手法と,対象物スケッチによる類似画像検索を提案する.インデックスの自動生成には認識処理が必要である.従来の屋外画像の認識では,領域を単位として,ヒューリスティックな知識を利用し,認識を行っていた.そのため,領域生成の問題と知識を計算機に与える問題をともに扱わなければならなかった.提案する認識手法は,ヒューリスティックな知識を用いない画素単位の独立な処理なので,従来の屋外画像認識手法に比べ,容易にインデックス生成を自動化できる.一方で,一般に認識結果には誤りが含まれることが避けられない.この問題に対し,対象物の種類と画像内での位置を指定した対象物スケッチによる検索を提案し,画素単位対象物ラベル付け手法と組み合わせた場合,認識結果の一部に誤りが含まれていても,人手により同様なインデックスを作成した場合と同程度の検索が可能であることを実験により示した.