物理法則に基づく剛体運動のシミュレーション手法

武田 捷一  丸山 稔  亀井 克之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J79-D2    No.5    pp.860-869
発行日: 1996/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: コンピュータグラフィックス(CG)
キーワード: 
コンピュータアニメーション,  仮想環境,  運動法則,  線形計画法,  

本文: PDF(651.2KB)>>
論文を購入



あらまし: 
構造物の組立て,分解等の種々の操作をインタラクティブに可能とする仮想物理世界を構築するためには,物体相互の非侵入性の保持や物体の衝突によって生じる運動の計算が必要になる.このとき,厳密な物理シミュレーション手法では問題の規模が大きくなった場合計算時間の制約によりインタラクティブな操作が困難となる.本論文では,応答性が要求される場合の,近似モデルと運動の生成手法について述べる.本手法は,物体の相互侵入を検出後,これを解消する移動量を,運動方程式を考慮して適切に求める侵入駆動型運動シミュレーション手法である.本論文では,侵入解消のための運動に関する条件式と線形計画法(simplex法)を用いた解法を示し,シミュレーション例により手法の有効性を示す.