ラン型方向コードに基づく2値画像の高速輪郭追跡の一手法

宮武 孝文  松島 整  江尻 正員  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J79-D2   No.3   pp.341-350
発行日: 1996/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
輪郭追跡,  画像変化点,  ランレングスコード,  2値画像,  図面認識,  高速化,  

本文: PDF(670.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,ディジタル2値画像の高速高精細な輪郭追跡アルゴリズムを提案している.輪郭追跡に必要な情報は現在走査中のラインとその一つ前のラインの画像変化点情報(白→黒,黒→白)だけである.輪郭の記述はRDコードと命名したチェーンコードに基づいて行う.RDコードは10種類あり,逐次2ラインの画像変化点座標を比較することで求まる.本提案の手法では処理コストは画像変化点の数に比例するだけであり,従来の画素数に比例する手法に比べて高速である.また求めた輪郭線は従来手法のものと等価であるため,画像を完全に復元できる.