心エコー画像における局所心筋壁2次元運動の追跡

梅原 幹雄  鶴岡 信治  木村 文隆  若林 哲史  三宅 康二  関岡 清次  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J79-D2   No.2   pp.286-294
発行日: 1996/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 医用工学
キーワード: 
動画像処理,  心エコー画像,  居所心筋壁,  2次元運動,  相関法,  

本文: PDF(658.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
局所心筋壁の2次元運動の定量的評価はMRIを用いた評価法などが提案されている.しかし,MRIは多数心拍の平均値であり,不整脈などの一過性現象,高時間分解能の必要な現象には対応できない.そこで本研究では,実時間で心臓の断層画像を計測できる高フレームレート超音波診断装置により得られた1心拍以上の心エコー画像を用いて,相関法により局所心筋壁の追跡を行い,その可能性を検討することを目的とする.そして,通常の相関法に加え,心臓の動きの周期性,連続性および注目する領域の巨視化を考慮することにより,追跡精度の向上を検討した.本手法を各疾患例に適用した結果,疾患例による違いが現れ,客観的定量化,自動計測による詳細な解析の可能性が示された.