物体認識のためのスペクトル画像による材質の判別

眞鍋 佳嗣  佐藤 宏介  井口 征士  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J79-D2   No.1   pp.36-44
発行日: 1996/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
スペクトル画像,  相関法,  主成分分析,  画像認識,  

本文: PDF(645.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,色の物理的表現である分光輝度を画素値としてもつ,スペクトル画像を入力し,その処理によって,物体・表面の認識,材質判別などの新たな応用を提案するものである.これまでコンピュータビジョン分野におけるスペクトル分布の利用はリモートセンシングなどで行われているが,室内環境での応用はほとんど報告されていない.そこで,物理計測器の分光輝度計の測定点を縦横に走査することで室内環境のスペクトル画像を得て,物体認識に適用する.得られたスペクトル画像の領域分割手法として,隣接画素間での相関を手掛りにする手法を提案する.同一物体では,強度が異なってもスペクトル分布が同一であるため相関が高くなり,異なる物体では逆に相関が低くなるためである.また,更に詳しい解析を行うために,主成分分析の導入を行った.スペクトル画像を適用することにより,RGBカラー画像では分割が困難な異種同色物体の領域分割を行えることを示す.