単語固有セルでのゆう度判定を用いた音声認識処理の高速化手法

井ノ上 直己  中村 誠  酒寄 信一  山本 誠一  谷戸 文廣  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J79-D2   No.12   pp.2110-2116
発行日: 1996/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (音声言語によるコミュニケーションシステムの実現に向けて(音声認識,合成,対話処理,システム構築の諸問題)論文特集)
専門分野: 音声認識の高速化,大語い化
キーワード: 
音声認識,  Treeサーチ,  単語固有セル,  高速処理,  

本文: PDF(515.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
音声認識技術を用いた実用システムを構築する上で,音声認識処理の高速化は重要な課題の一つである.本論文では,Treeサーチを用いる音声認識システムを例に,高速手法として音声区間終了以前でも認識処理を終了して認識結果を出力する手法について示す.本手法では,フレーム同期に音声認識処理を進め,毎フレームごとに単語固有セルのゆう度を判定し,認識処理終了条件を満たした場合に認識結果を出力する.予備実験の結果,認識処理終了条件として「Tree内で最もゆう度が高い単語固有セルが連続して一つの単語に対応」を採用することとした.本手法を,当社で研究開発中のオペレーター作業支援システムに適用して評価した結果,音声区間すべてに対して認識処理を行う場合と比較して認識率を低下させることなく約40%の高速化が可能となった.