音楽情景分析の処理モデルOPTIMAにおける単音の認識

柏野 邦夫  中臺 一博  木下 智義  田中 英彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J79-D2   No.11   pp.1751-1761
発行日: 1996/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
聴覚的情景分析,  音源分離,  情報統合,  ベイジアンネットワーク,  自動採譜,  

本文: PDF(879KB)>>
論文を購入




あらまし: 
音楽演奏の音響信号を対象として演奏情報を認識する試みとしては,従来自動採譜の研究が行われているが,複数種類の楽器音を含む音楽演奏を対象とする場合には,認識処理の有効性は極めて限られていた.そこで本論文では,複数種類の楽器音を含む音楽演奏の認識を音楽情景分析の問題としてとらえ,その解決を図る.ここで音楽情景分析とは,音楽演奏の音響信号から,単音や和音などの音楽演奏情報を記号表現として抽出することを指す.本論文ではまず,音楽情景分析を実現する上では情報統合の技術が不可欠であるとの認識から,ベイジアンネットワークによる情報統合の機構を備えた音楽情景分析の処理モデルOPTIMAを提案する.次に,特に単音の認識に的を絞って,提案する情報統合機構の有効性を示す.