移相形スイッチトキャパシタ発振器の設計

宮崎 智行  野見山 輝明  堀江 雄二  吉田 宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J79-C2   No.9   pp.470-475
発行日: 1996/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 論文
専門分野: 電子回路
キーワード: 
低周波発振器,  自動利得回路,  移相形発振器,  スイッチトキャパシタ,  状態変数法,  

本文: PDF(340.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
低周波発振器の自動利得制御回路を作るときの問題は発振振幅を反映した直流電圧を得ることが難しいことである.移相器にスイッチトキャパシタ(SC)を使用した3段移相形発振器の場合,発振振幅の2乗和に比例した直流電圧を作ることができるキャパシタスンの選択条件を議論している.状態変数法を使ってSC移相形発振器の回路解析を行い,各移相器の出力振幅が等しく互いに120°異なる条件を求めている.この条件が満たされれば各移相器の出力の2乗和を作ることによって直流電圧を得ることができる.計算結果に基づいて回路を試作,実験を行い,理論解析と一致することを確認している.