光ソリトンの発生と伝送

中沢 正隆  久保田 寛和  山田 英一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J79-C2   No.8   pp.387-399
発行日: 1996/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 招待論文
専門分野: 
キーワード: 
光ファイバ,  群速度分散,  非線形光学効果,  ソリトン,  EDFA,  高速光デバイス,  レーザ,  超短光パルス,  モード同期レーザ,  

本文: PDF(949.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
最近の光ソリトン通信技術は,エルビウム光ファイバ増幅器の研究開発と共に数々の新しい技術が提案され,今では優れた光ソリトン通信実験が数多く報告されている.ソリトン伝送にはトランスフォームリミットなパルスが重要であるため本論文ではまず,モード同期半導体レーザ,ファイバレーザ,利得スイッチ半導体レーザ,電界吸収形変調器などを用いた光ソリトン発生技術について述べる.後半ではどのようにしてソリトン伝送が実現されつつあるか,最近の技術展開を含めて報告する.特に,分散アロケーションを用いたソリトン伝送はパワーマージンと分散許容度が大きく実用性が高いことを示す.