単一パラメータ調整が可能なLCシミュレーション形複同調回路の一構成

中村 正孝  沖根 光夫  釆原 勝志  重広 孝則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J79-C2   No.7   pp.340-348
発行日: 1996/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 論文
専門分野: 電子回路
キーワード: 
狭帯域通過フィルタ,  能動RCフィルタ,  相互誘導,  結合係数,  トランジスタジャイレータ,  

本文: PDF(500.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,狭帯域複同調伝送関数を提案し,その伝送関数が低素子感度で実現できるLCシミュレーション形複同調回路を示す.まず,相互誘導による受動複同調回路の帯域通過関数から単一パラメータ調整が可能な新しい複同調伝送関数を導出している.次に,この伝送関数を実現する基本回路として,中心周波数で負帰還となるようRLC素子と電圧制御電圧源とで構成した回路を示し,本基本回路が通過域で低素子感度特性を有することを得ている.具体的な回路構成では,トランジスタジャイレータによるL素子をシミュレートする手法をとり,結合係数の調整は抵抗分圧回路の一つの抵抗を可変している.そして,中心周波数455kHz,Q=30の実現回路を試作し,結合係数を可変抵抗素子によって調整して各複同調特性を調べた結果,実測値と計算値はよく一致した.