S/Nエンハンサに用いる対称スロット線路の静磁波放射インピーダンス

浅尾 英喜  宮崎 守泰  大橋 英征  石田 修己  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J79-C1   No.2   pp.53-60
発行日: 1996/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: マイクロ波,ミリ波
キーワード: 
静磁波,  YIG膜,  スロット線路,  放射抵抗,  放射リアクタンス,  S/Nエンハンサ,  非線形特性,  

本文: PDF(519.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
静磁波スロット線路形S/Nエンハンサにおいて,スロット線路の両面にYIG膜を配置した対称スロット線路構造,および高誘電率の誘電体を積層した構造により,エンハンスメント量を改善できることを理論的に示し,実験により確認した.まず,エンハンスメント量を改善するには,線形動作時の静磁波への変換損に起因したスロット線路の減衰定数を大きくしなければならないことを示す.次にスロット線路を伝搬する電磁界の内,スロットの面に垂直な磁束密度が静磁波への変換に寄与することに着目し,静磁波放射インピーダンスを求めた.この放射インピーダンスを用いて対称スロット線路構造,および高誘電率誘電体積層構造のスロット線路の減衰定数を導出し,エンハンスメント量の改善効果を明らかにした.