注入信号により制御する1次元相互結合発振器系のフェーズドアレー動作

香川 福有  野木 茂次  佐薙 稔  福井 廉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J79-C1   No.11   pp.428-438
発行日: 1996/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: マイクロ波,ミリ波
キーワード: 
マイクロ波,  能動アンテナ,  フェーズドアレー,  同期現象,  空間電力合成,  

本文: PDF(696.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
相互結合した1次元発振器アレーの両端に,位相の異なる信号を注入し,発振器間の相互同期現象と注入同期現象とを利用したフェーズドアレー動作を行わせる場合に,その系の構成と基本動作,更には出力波のPSK変調について論じた.まず,等価回路を解析し,フェーズドアレー動作条件を求めると共にフェーズドアレー動作に適した動作モードとこれ以外のモードとが存在することを示した.また,希望モードの安定性の強化を図るために注入信号をアレー中央に更に印加する方法が有効であることを示すと共に,PSK信号を注入信号とするときのアレー過渡応答を解析し,出力波としてPSK変調波を得る可能性を示した.更に,Xバンドにおける導波管型発振器を用いた実験,および能動パッチアンテナアレーを用いた実験をも行い理論に近い結果を得た.