円形アレー型ボアホールレーダによるMUSICアルゴリズムを用いた波源の位置推定

海老原 聡  佐藤 源之  新妻 弘明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B2    No.9    pp.574-582
発行日: 1996/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 宇宙・航行電子システム
キーワード: 
2次元MUSIC,  円形アレー,  超解像,  空間スムージング,  ボアホールレーダ,  

本文: PDF(624KB)>>
論文を購入



あらまし: 
直径10cmほどの坑井(ボアホール)内でレーダを使用するボアホールレーダでは,一般にダイポールアンテナが用いられているため,坑井周方向で無指向性である.そこで著者らは,導体円筒上にアンテナ素子を配列したコンフォーマルアレーによる指向性ボアホールレーダの開発を行ってきた.本論文では,指向性ボアホールレーダによる散乱体の位置推定法として,円形アレーによって二つまでのコヒーレントな波源位置を推定するための2次元MUSICアルゴリズムを導出している.計算機シミュレーションおよびボアホールレーダ計測の実験データに本アルゴリズムを適用することにより,波長0.8mの波を用いて半径0.03mの円形アレーで波源の位置を高精度に推定が可能であることを示している.