大電力マイクロ波エネルギー伝送実験用レクテナの開発

篠原 真毅  古川 正利  中井 裕二  松本 紘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B2   No.6   pp.346-348
発行日: 1996/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
マイクロ波,  マイクロ波エネルギー伝送,  レクテナ,  

本文: PDF(188.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本稿では地上2定点間マイクロ波エネルギー伝送実験用に新たに開発したレクテナ素子についてその概要を述べる.今回のマイクロ波電力伝送実験に際してレクテナに求められた特徴は二つあった.第1は1素子のRF-DC変換効率特性のピークが従来のレクテナに比べて大電力入力の点に来なければならない(1素子当り最大入射電力は約2.5W)ことであり,第2は素子数が多い(2,304素子)ので量産性に富む必要がある点である.そこで我々は新たに,大電力の受電が可能で,量産性に富むレクテナを実験のために開発した.