ダイナミックチャネル割当法のチャネル選択時のセル検索簡囲の検討

岡田 和則  向 俊明  篠田 庄司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B2    No.2    pp.135-139
発行日: 1996/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
ダイナミックチャネル割当法,  セル検索範囲,  呼損率,  呼量不均一モデル,  

本文: PDF(321.4KB)>>
論文を購入



あらまし: 
チャネルの使用効率を高くするため,なるべく近くのセルで使用しているチャネルを割り当てようとする代表的なダイナミックチャネル割当法であるNN法やRING法の制御量を減少させるため,チャネル選択時のセルの検索範囲を限定することを提案し,セル検索範囲が呼損率に与える影響を呼量が均一である場合と不均一である場合で評価した.その結果,セルの検索範囲をチャネル再利用最小間隔のセル群まで限定しても,呼損率に与える影響はほとんどないことが示された.