モデムを使った遠隔時刻設定の確度評価

鈴木 治  安田 明生  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B2   No.1   pp.98-99
発行日: 1996/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
時刻同期,  伝送遅延,  モデム,  プロトコル,  

本文: PDF(154.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
実時間の情報伝送と処理が要求される計算機間の時刻同期の確度は,通信機器内の処理時間の変動による遅延と分散に依存する.本論文では,モデムを使った遠隔地の時刻設定のモデルを市販機器で構成し,衛星通信を含めた回線と各機器の遅延量を測定した.実験に使用した機器では処理時間の大きな変動がモデムで発生しており,その遅延およびその分散はモデムのプロトコルによって異なり,特に情報圧縮は遅延に大きな分散を生じることがわかった.