トリプレート型アパーチャアレーアンテナの入力特性

塚本 活也  新井 宏之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B2   No.1   pp.26-32
発行日: 1996/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
トリプレートアンテナ,  入力特性,  起電力法,  無限周期アレー,  電磁結合,  

本文: PDF(402.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
トリプレート構成のアンテナにおいて,放射素子として上部導体板に設けた孔(アパーチャ)を給電プローブにより電磁結合で励振させるアレーアンテナにおいて,給電プローブのインピーダンスを,周期構造の境界条件を設定したスペクトル領域での起電力法を用いて解析し,実測結果と比較検討した.計算の結果から,プローブの長さによりプローブと放射素子とのインピーダンスマッチングが実現でき,アンテナとしての共振条件が決定できることが明らかとなった.更には,給電プローブのインピーダンスと給電プローブに至るまでのストリップ線路のインピーダンスが入力特性を決定し,それによりトリプレート型アンテナの動作条件になることが明らかとなった.そして,それらの解析結果は実測値と良く一致し,本解析方法の妥当性が確認できた.