メジアンフィルタを用いたアダプティブMTI

原沢 康弘  真野 清司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B2   No.12   pp.1013-1021
発行日: 1996/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 宇宙・航行電子システム
キーワード: 
アダプティブMTI,  クラッタ,  レーダ,  メジアンフィルタ,  

本文: PDF(555.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
アダプティブMTI(以下,AMTI:Adaptive Moving Target Indicators)は,レーダ受信信号に含まれる移動クラッタを自動的に抑圧するフィルタである.適応フィルタを用いたAMTIでは,フィルタ荷重の振幅と位相を同時に調整するため,適応誤差の影響が大きい.これに対して,まず,リアルタイムに調整するパラメータをフィルタ荷重の位相のみに限定して,クラッタ抑圧性能を改善する荷重絶対値拘束型AMTIを提案する.つぎに,目標信号の電力がクラッタ電力に比較して,無視できない状況下において生じるクラッタ中心周波数推定誤差を軽減するために,メジアンフィルタを導入した荷重絶対値拘束型AMTIを提案し,計算機シミュレーションによりその有効性を示す.更に,AMTI前処理の静止クラッタを抑圧するMTIによって受信機雑音が変調を受けた場合にも,推定精度を確保できるクラッタ中心周波数推定アルゴリズムについて述べる.