フェライトコア装着による負荷効果の解析

藤原 修  市川 武史  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B2   No.11   pp.950-955
発行日: 1996/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 特集論文 (EMC計測技術論文小特集)
専門分野: 電磁環境
キーワード: 
電磁干渉,  フェライトコア,  負荷効果,  解析,  測定,  

本文: PDF(389.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
フェライトコアは,ディジタル情報機器が発する電磁雑音の軽減や電磁雑音に対するイミュニティ向上を目的としてケーブルや配線等へ装着される.この理由は,フェライトコアの装着箇所でのインピーダンスが周波数と共に上昇し,そこを流れる雑音電流が抑制されるからである.しかしながら,同機構はコアの寸法と材料定数との関係においては理論的に解明されたわけでない.本論文では,フェライトコア装着で生ずる高周波インピーダンスを解析し,これによって負荷効果の等価回路を示す.また,コアの単位長さ当りに生ずる負荷効果を適正寸法で効果的に高めるためのコア形状の決定法を示す.更に,等価回路の妥当性を確認するために,ベクトルインピーダンスの測定と計算を行い,両者がほぼ一致し,回路定数から得られたコア透磁率の周波数分散パラメータがSnoekの限界法則を満たすことを示す.