大振幅RF印加によるバイポーラトランジスタのDC特性変動の一検討

服部 佳晋  林 宏明  加藤 貴敏  只野 博  長瀬 宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B2   No.11   pp.797-804
発行日: 1996/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 特集論文 (EMC計測技術論文小特集)
専門分野: 回路
キーワード: 
RF(Radio Frequency),  大信号,  バイポーラトランジスタ,  コレクタ電流,  特性変動,  

本文: PDF(548.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
RF(Radio Frequency)ノイズによるIC(Integrated Circuit)の誤動作要因の一つとして,ICを構成する非線形素子の特性変動があげられる.今回,非線形素子としてバイポーラトランジスタを対象とし,トランジション周波数以上の大振幅RF信号をベースから印加した場合のDC特性変動を測定およびシミュレーションにより評価した.その結果,RF印加によりVCE-IC特性において,(1)活性領域でコレクタ電流が減少する.(2)VCE=0Vの点でコレクタオフセット電流が流れるという変動を生じることがわかった.この要因について検討し,(1)はRFによるベース電流の大きな変化により,コレクタ電流が飽和する領域まで変化するため,引き起こされていること.(2)はコレクタ負荷抵抗の電位変動により,コレクタ電流が正方向のみ流れるため生じていることを明らかにした.