短縮ダイポールアンテナによるサイトアッテネーションの測定

前田 篤哉  杉浦 行  桑原 伸夫  臼田 昭吾  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B2   No.11   pp.764-770
発行日: 1996/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 特集論文 (EMC計測技術論文小特集)
専門分野: アンテナ校正
キーワード: 
EMC,  EMI,  妨害波測定,  ダイポールアンテナ,  

本文: PDF(511.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
妨害波測定場のサイトアッテネーションの測定に,30~80MHzの周波数帯で,エレメント長を80MHz共振長又は半波長に固定した短縮ダイポールアンテナを用いることを検討した.この短縮ダイポールアンテナは,妨害波測定の標準アンテナにも指定されているため,まず,アンテナ係数やインピーダンス特性を数値計算と実測値により調べた.つぎに,このアンテナを用いたサイトアッテネーションの測定について,理論値をモーメント法によって求めた.更に,3箇所の屋外測定場において実測を行い,得られた理論値が実測値と良く合うことを確かめた.その結果,この理論値を規格値として十分使用できることがわかり,短縮ダイポールアンテナを用いるサイトアッテネーションの測定法を確立することができた.また,この周波数帯のサイトアッテネーションの測定に,従来のように半波長ダイポールアンテナを用いるより,短縮ダイポールアンテナを用いるほうが,測定誤差や労力の面で優れていることがわかった.