コミュニケーション計算モデルにおけるプロトコルの表現

樋地 正浩  布川 博士  宮崎 正俊  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B1   No.5   pp.321-328
発行日: 1996/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (フレキシブルな通信ネットワーク論文特集)
専門分野: プロトコル,記述言語
キーワード: 
ヒューマンコミュニケーション,  計算モデル,  コミュニケーションプロトコル,  CSCW,  

本文: PDF(510.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
コンピュータネットワークはそれを介した人々の間のコミュニケーションのためのシステム(コミュニケーションシステム)として利用されるようになってきている.このシステムには,人々の多様なコミュニケーションに柔軟に対応することが求められる.我々は,このようなシステムを構築する基礎的枠組を与えるモデルとして,コミュニケーション計算モデルを提案している.この計算モデルは,人間のコミュニケーションをコミュニケーション形態という点からとらえた計算モデルである.この計算モデルでは,コミュニケータを自律的オブジェクトやグループフィールドで,それらの間のコミュニケーション形態を各種交信形態として表現している.本論文では,このコミュニケーション計算モデルの中でコミュニケーションプロセスの枠組み(コミュニケーションプロトコル)を表現する方法について述べる.このコミュニケーションプロトコルを導入することにより,一連のコミュニケーションの進め方を与えることができる.そのため,コミュニケーションプロトコルに基づいて行われる特定のコミュニケーションを容易に表現することができる.