衛星パケット通信用多重予約付きパイプラインポーリング

大澤 智喜  森上 まこ  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J79-B1   No.10   pp.685-693
発行日: 1996/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信理論,信号理論
キーワード: 
衛星通信,  パケット通信,  アクセス制御,  ポーリング,  

本文: PDF(573.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では多重予約付きパイプラインポーリング(Multiple Reservation Pipeline Polling)と呼ぶ衛星パケット通信用のマルチアクセス方式を提案する.本方式は,パイプライン処理を導入し衛星通信のように大きな伝搬遅延の通信路で特性を向上させたポーリング方式に,更に多重予約機能を導入することにより,各局の入力トラヒックに対応した可変スロット長の容量を効率的に割り当てることができるのが特徴である.本論文では,本方式の遅延特性に関する近似理論式を示すと共に,シミュレーションによって各種特性を定量的に評価した.評価の結果,高スループット領域において,低遅延かつ安定に動作することを確認した.また,多重予約を利用したスケジューリングにより,長短さまざまなパケット長が混在したトラヒックに対しても遅延分散が小さく,急激なトラヒック変動にも敏速に割当てを行うことも確認した.