ポリフェーズ部分行列に基づくオーバサンプルフィルタバンク

貴家 仁志  小林 弘幸  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J79-A   No.9   pp.1525-1534
発行日: 1996/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
オーバサンプル,  フィルタバンク,  DETフィルタバンク,  ポリフェーズ行列,  

本文: PDF(543.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
フィルタバンクの多くの応用では,最大間引きを使用できないものが少なくない.しかし,最大間引きフィルタバンクに比べ,オーバサンプルフィルタバンクに関する研究は十分に行われているとは言えない.本論文では,ポリフェーズ部分行列を定義し,この行列表現に基づきオーバサンプルフィルタバンクの完全再構成条件を与える.この表現に基づき,最大間引きフィルタバンクとの関係やオーバサンプルフィルタバンクのもつ設計の自由度,底遅延フィルタバンクのための設計条件を与える.また,DFTフィルタバンクに対してその表現を拡張する.このとき,最大間引き時には設計できない完全再構成FIR DETフィルタバンクが設計できることを示す.最後に設計例を通して本方法の有効性を確認する.