物体の形状・速度ベクトル情報を用いた直線軌道信号抽出最適フィルタの設計

近藤 克哉  浜田 望  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J79-A   No.5   pp.1041-1049
発行日: 1996/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
最適フィルタ設計,  直線軌道信号,  定常確率過程,  動画像信号処理,  

本文: PDF(569.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は動画像において,直線的に移動する物体を抽出するフィルタの最適設計について議論している.これまでの直線軌道信号(LTS)抽出フィルタの設計では,抽出すべき確定信号のスペクトル存在領域に余裕度を加えた領域を通過域とし,他を阻止域とした所望特性を与えていた.しかし,方向や速度の異なる二つのLTSであっても,それらのスペクトル存在領域は完全には排他的なものとはならない.本論文はLTS抽出フィルタの設計において新たに最適フィルタ理論を適用したものである.抽出する信号あるいは阻止すべき信号のスペクトルを確率変数として議論し,その誤差規範の最小化問題を定常確率過程として定式化することで,所望フィルタ特性を与え,その有効性を示している.