複素係数フィルタをもとにした実係数フィルタの一構成法

続 和久  石橋 幸男  庄野 和宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J79-A   No.4   pp.910-916
発行日: 1996/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: アナログ信号処理
キーワード: 
複素伝達関数,  虚数抵抗,  オペアンプGB積,  バンドパスフィルタ,  

本文: PDF(392.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,実係数ローパス伝達関数の極を周波数軸方向にシフトすることで得られるバンドパス特性を有する複素係数伝達関数を,能動RC回路によって実現する一手法について述べている.複素信号と信号経路をそれぞれ実部と虚部に分け,リープフロッグ形構成法に基づいて虚数抵抗なる素子をシミュレートしている.少数のオペアンプを用いて複素能動RCフィルタを構成すると共に,オペアンプの有限GB積を補償することにより,フィルタの高周波化を図っている.最後に,6次バンドパスフィルタを構成し,実験を行うと共に,計算機を用いて素子感度計算を行い,本構成法の有効性を確認している.