2次ふるい法を用いた素因数分解アルゴリズム

小林 邦勝  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J79-A   No.3   pp.827-829
発行日: 1996/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
素因数分解アルゴリズム,  2次ふるい法,  複数の放物線,  

本文: PDF(150.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
複数の放物線を用いる素因数分解アルゴリズムを提案する.本方法の特徴は,±nに近い小さな2次剰余をnの素因数を求めるのに必要な個数だけ規則的に集めることができる点と,z2n(modpi)である素数piz2nx(modpi)となる場合には,この素数pinの素因数分解に利用できる点にある.