高速べき乗剰余演算を用いた簡便なRSA暗号の一構成法

佐竹 賢治  笠原 正雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J79-A   No.3   pp.702-710
発行日: 1996/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 情報セキュリティ基礎
キーワード: 
RSA暗号,  高速演算,  公開鍵暗号,  

本文: PDF(542.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
RSA暗号は高いセキュリティレベルを有し,またディジタル署名も可能な優れた暗号方式として,活発に研究されてきている.しかしこの暗号方式は暗号化,復号にべき乗および剰余演算を繰返し実行する必要があるため,その処理時間が膨大になるという実用上の欠点を有している.本論文では,このRSA暗号システムに適用可能な高速化べき乗剰余演算法を提案している.この手法は剰余演算に用いる法(合成数)を工夫することによって,剰余演算の処理ステップを大幅に削減し,高速化を実現するものである.この手法をRSA暗号に適用した場合,演算処理の高速化に加え,公開鍵情報の短縮化といった著しい特徴を有する暗号システムの実現が可能となる.本論文では,この高速べき乗剰余演算手法を適用したRSA暗号を,ユーザインタフェースとしての簡便さと安全性とを,トレードオフの関係のもとに自由に設定し得る実用的な暗号方式として論じ,その安全性等について考察を加えている.