力覚ディスプレイを用いたリモートコラボレーションシステムの提案

佐藤 誠  石井 雅博  山本 泰秀  高松 亮  河原田 弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J79-A   No.2   pp.481-488
発行日: 1996/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (ヒューマンコミュニケーション論文特集)
専門分野: 仮想環境・臨場感通信
キーワード: 
リモートコラボレーション,  力覚ディスプレイ,  CSCW,  人工現実感,  ヒューマンコミュニケーション,  

本文: PDF(605.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
協同作業(コラボレーション)は人間社会を作り上げる上での基板となるコミュニケーション形態である.仮想作業環境をネットワーク技術により接続することによって複数のユーザで共有できれば,効率の良いリモートコラボレーションを実現できる.本論文は,力覚ディスプレイを用いた仮想環境をネットワークを介して接続することにより,遠隔地の人間同士が協同で作業を行えるリモートコラボレーションシステムを紹介している.円滑なリモートコラボレーションを支援するためには各サイトの仮想環境を同一に保つ必要があるが,複数の参加者が一つの物体に同時にアクセスすることを実現するのは困難である.ここでは,力覚情報の提示が複数の参加者の同一物体への同時アクセスを可能にし,円滑なリモートコラボレーションを支援することを示している.更に,相互に伝達される力覚により参加者の共存感が増加することが述べられている.