動的特性をもつコミュニケーション計算モデル

樋地 正浩  布川 博士  宮崎 正俊  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J79-A   No.2   pp.197-206
発行日: 1996/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (ヒューマンコミュニケーション論文特集)
専門分野: 知的活動・コミュニケーション支援
キーワード: 
ヒューマンコミュニケーション,  計算モデル,  動的,  CSCW(Computer-Supported Cooperative Work),  

本文: PDF(706KB)>>
論文を購入




あらまし: 
コンピュータネットワークはそれを介した人々の間のコミュニケーションのためのシステム(コミュニケーションシステム)として利用されるようになってきている.我々は,コミュニケーションシステムを構築する基礎的枠組みを与えるモデルとしてコミュニケーション計算モデルを提案している.この計算モデルは,多様な人間のコミュニケーションをコミュニケーション形態という点からとらえた計算モデルである.この計算モデルでは,コミュニケータを自律的オブジェクトやグループフィールドで,それらの間のコミュニケーション形態を各種交信形態として表現する.本論文では,人間の多様なコミュニケーションを表現できるコミュニケーション計算モデルの中でコミュニケーションの動的特性を表現する方法について述べる.この動的特性をもつコミュニケーション計算モデルは,目的や相手の状態に応じてコミュニケーション形態を使い分けることをコミュニケーション形態に応じた交信形態を変更することにより表現できる.そのため,これらさまざまなコミュニケーション形態を用いて進められていくコミュニケーションプロセスを,交信形態の組合せとして表現できる.