Wavelet変換を用いたSpectral Subtractionによる音声強調

西村 竜一  浅野 太  鈴木 陽一  曽根 敏夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J79-A   No.12   pp.1986-1993
発行日: 1996/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (ウェーブレット理論の展開と応用論文特集)
専門分野: ウェーブレットの応用
キーワード: 
音声強調,  スペクトラルサブトラクション,  ウェーブレット変換,  減衰正弦波,  

本文: PDF(498.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
Spectral Subtraction法などスペクトル推定/解析に基づく音声強調を行う場合,入力信号の解析法としては,その解析によって音声信号と雑音信号が分離しやすくなるものが望ましい.ウェーブレット変換は,基底関数をかなり自由に設定することができることから,適当な基本ウェーブレットを選択することにより,変換後の空間において,音声信号の局在性を高められることが期待される.そこで本論文では,短区間フーリェ変換を用いて定義されたSpectral Subtraction法にウェーブレット変換を応用することを試み,音声強調の効果を評価する.その際,基本ウェーブレットとして,Gabor, Daubechiesのそれのほか,音声の構造を考慮し,減衰正弦波を利用することも試みる.シミュレーションおよび実験の結果,基底関数の選び方によっては,S/Nに関してかなりの程度の改善が見られることが明らかとなった.一方,単音節明りょう度に関しては,基底の選択による有意な差は認められなかった.