重畳符号の復号法とそのパフォーマンスに関する考察

佐竹 賢治  笠原 正雄  平澤 茂一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J79-A   No.11   pp.1931-1934
発行日: 1996/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
重畳符号,  BCH符号,  硬判定復号,  

本文: PDF(236.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では重畳符号とその復号法について考察し,2元BCH符号に基づいて構成した高効率な重畳符号の具体例を示す.この例では復号アルゴリズムを工夫することにより,距離構造に関する従来の制限を緩和し,これによって高効率性を実現している.同程度の符号長を有し,かつ同程度の復号誤り確率を実現するという条件の下に,最適な重畳符号を探索し,復号誤り確率Phi(ε)=10-1~10-22,符号長1023≦n≦16383の範囲で優れた符号化率を有する符号の構成が可能となることを明らかにする.