最小遅延量をもつオーバサンプルDFTフィルタバンクの設計

小林 弘幸  貴家 仁志  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J79-A   No.11   pp.1801-1807
発行日: 1996/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
低遅延,  オーバサンプル,  DFTフィルタバンク,  完全再構成,  サブバンド適応フィルタ,  

本文: PDF(413.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
フィルタバンクが完全再構成条件を満たすとき,全体の伝達関数は単一遅延となる.サブバンド適応フィルタなどへの応用では,この遅延がそのまま音声信号などの伝達遅延につながってしまう.本論文では,フィルタバンクのチャネル数が間引き率の整数倍であるオーバサンプルDFTフィルタバンクに対して,その遅延量を考察し,最小遅延量をもつフィルタバンクの設計法を与える.まず最初に,完全再構成条件と因果性を満たすフィルタバンクの最小遅延量は,間引き率やフィルタタップ数によらず,チャネル数-1で与えられることを示す.次に,この最小遅延量をもつフィルタバンクの設計法を定式化した.最後に,具体的な設計例を示し,本方法の有効性を確認した.