統計的画像認識における射影追跡に基づく画像選別

有村 浩一  萩田 紀博  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J78-D2   No.6   pp.913-921
発行日: 1995/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
射影追跡法,  ノイズ除去,  顔画像解析,  文書画像解析,  ベイズ識別,  

本文: PDF(651KB)>>
論文を購入




あらまし: 
画像から特定の領域を抽出する問題を,抽出すべき領域を「図」と,それ以外の領域を「地」に分ける統計的な2クラス分類問題ととらえ,入力画像を「図」の候補画像と「地」のノイズ画像とにふるい分ける画像選別(image screening)と呼ぶ前処理法を提案する.画像選別のため,フィルタを射影追跡と呼ばれる直交展開法に基づき設計する.フィルタから構成される特徴空間のサンプル分布において,「図」付近にスポットをあて,スポット内の図地のサンプルだけを用いて分類処理を行う.画像選別の効果を表す尺度として,認識精度に関係した選別誤り率と,処理量の削減に関係したノイズ画像棄却率を定義する.顔画像中から眼または口の領域を認識する課題と文書画像からテキスト領域を抜き出す二つの課題について認識実験を行う.実験から,画像選別によって,スポット内では「図」の生起確率が「地」に比べて大きくなり,画像選別がない場合に比べて,認識精度および認識処理系全体のスループットがともに向上することを示す.