状態分割融合法による高効率な隠れマルコフ網の自動生成

鷹見 淳一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J78-D2   No.5   pp.717-726
発行日: 1995/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
音声認識,  音素環境依存HMM,  隠れマルコフ網,  状態分割融合法,  逐次状態分割法,  

本文: PDF(762.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
高性能な音素環境依存モデルである隠れマルコフ網(HMnet)の自動生成アルゴリズムとして,これまでに,逐次状態分割法(SSS)が提案されている.この方法は,状態の分割のみによってHMnetの詳細化を進める,分割型の手法である.一方で,モデルパラメータの部分的な類似性に着目してパラメータを融合させながらモデルの構築を進める「融合型手法」も提案されている.これらの方法は,共通の目的をもちながら,そのアプローチは正反対であり,互いに相補的な関係にある.本論文では,「分割型手法」であるSSSに「融合型手法」のメカニズムをとり入れ,両者の欠点を互いに補うことで,更に高性能なHMnetの自動生成を可能にした"状態分割融合法"を提案する.更に,日本語中の25通りの音素サンプルを用いて実際に生成したHMnetに対する種々の評価実験を通して,その性能を明らかにする.