一般回帰による正則化理論の多価関数への拡張と線過程を用いない不連続関数再構成アルゴリズム

水谷 博之

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J78-D2    No.3    pp.420-428
発行日: 1995/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 
正則化,  一般回帰,  不連続,  多価関数,  

本文: PDF(605KB)>>
論文を購入



あらまし: 
標準正則化理論あるいはその拡張理論において重要な役割を演ずる滑らかさの尺度を一切必要としない一般回帰による正則化理論を取り上げ,データが多価の場合にも正則化が行えるように理論の拡張を行う.また,この拡張された理論をもとに,不連続を異なる関数の境界としてとらえることで従来の線過程を必要としない不連続関数を離散データから決定論的に再構成するアルゴリズムを導く.更に計算機実験を行いこのアルゴリズムの有効性とノイズに対するロバスト性を示す.