コードブックマッピングによる狭帯域音声から広帯域音声の生成法

吉田 由紀  阿部 匡伸  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J78-D2   No.3   pp.391-399
発行日: 1995/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声処理
キーワード: 
音声合成,  コードブック,  LPC,  波形素片,  

本文: PDF(575.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では狭帯域音声から広帯域音声を擬似的に生成するアルゴリズムを提案する.提案方式は,狭帯域音声のスペクトル包絡と広帯域音声のスペクトル包絡の関係をあらかじめ学習データから求めておき,これを用いて狭帯域音声で失われている広帯域音声のスペクトル包絡を生成すること,および生成されたスペクトル包絡を用いて音声を合成し,狭帯域音声と加え合わせて広帯域音声を生成することからなる.スペクトル包絡のひずみによる評価の結果,コードブックサイズを256以上とすれば,任意の話者に対して適用可能であることが明らかとなった.また,主観評価結果から,生成した擬似広帯域化音声は電話帯域音声に比べて高品質であり,特に低域においてその効果が大きいことが確認された.