韻律情報を利用した連続音声中の隣接句間の修飾関係有無の判定

関口 芳廣  鈴木 良弥  菊川 智之  高橋 安子  重永 実  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J78-D2   No.11   pp.1581-1588
発行日: 1995/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
韻律情報,  連続音声認識,  隣接句間の修飾関係,  

本文: PDF(570.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
音声には書き言葉にない情報が含まれている.例えば,声の高さの変化,大きさの変化,時間的な間合いなどがそれであり,韻律情報と呼ばれている.発話内容を正しく理解しようとすると,韻律情報の利用が欠かせない.例えば,韻律情報を利用して隣接句間の修飾関係がわかれば,意味理解だけでなく,音声の認識率の向上にも役立つ.この論文では,韻律情報を利用して,発話中の隣接する句間の修飾関係の有無を判定する方法を提案,検討している.具体的には,(1)音声中の韻律情報を抽出する方法を説明し,(2)朗読音声内で,隣接句間の修飾関係の有無と韻律情報の関係を調査し,(3)修飾関係の有無を判定できるアルゴリズムを提案し,(4)実験でその評価を行っている.また,(5)このアルゴリズムを対話音声に適用した場合の評価も行っている.現在,朗読音声中の隣接する句間の修飾関係の有無の約75%,また人間と機械の対話中の隣接句間の修飾関係の有無の約70%を正しく判定できている.