リスポンシブマルチプロセッサシステムのモデル化と性能評価

土屋 達弘  角田 良明  菊野 亨  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J78-D1   No.8   pp.699-707
発行日: 1995/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (実時間処理システムとその応用論文特集)
専門分野: リスポンシブシステム
キーワード: 
リスポンシブシステム,  フォールトトレラントシステム,  リアルタイムシステム,  再構成,  確率リウォードネット,  

本文: PDF(641.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
リスポンシブシステムはフォールトトレラントシステムとリアルタイムシステムを統合したシステムであり,リアルタイム性を考慮した柔軟な障害回復機能を備えることが要求される.稼動中のプロセッサの数がプロセッサの故障・修復によって増減するマルチプロセッサシステムで,タスクのリアルタイム処理機能の他に,故障プロセッサのシステムからの隔離,修復されたプロセッサのシステムへの結合という再構成機能を備えたものは,リスポンシブシステムの一例とみることができる.一般に,システム再構成の作業のために通常のタスク処理が中断されることがあり,リアルタイム処理を要求されるタスクがデッドライン違反を引き起こす可能性がある.本論文では,この可能性を陽に考慮したシステムの故障・修復の振舞い,および,タスクの到着率の変化といったシステムの外部環境の変動を表現するためのモデル化手法を確率リウォードネット上で提案する.更に,提案したモデルを用いた性能評価を通して,システム再構成の実行のタイミングを制御することで再構成に伴う影響を最小に抑えて,システム性能の向上が達成できることを示す.