バス結合型マルチプロセッサ方式の性能・信頼性評価

福村 好美  唐沢 裕明  松永 俊雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J78-D1   No.3   pp.358-366
発行日: 1995/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: フォールトトレランス
キーワード: 
バス結合,  マルチプロセッサ,  TCMP,  LCMP,  性能評価,  信頼性評価,  計算不稼動率,  

本文: PDF(588.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,バス結合したマルチプロセッサシステムの方式構成について,性能と信頼性の両面から総合的に評価する手法を提案し,代表的な方式構成の比較評価により,各方式の適用領域を明らかにした.マルチプロセッサ方式としては,共通メモリ上の単一OSが複数のプロセッサを制御する密結合型マルチプロセッサ(TCMP)と,個別メモリに個別のOSを有する疎結合型マルチプロセッサ(LCMP)を対象とした.評価尺度としては,障害に起因するシステム処理能力の低下度を表す「計算不稼動率」を導入した.この計算不稼動率を,TCMP,LCMPのそれぞれについて,マルコフモデルを用いて算出して比較することにより,TCMPとLCMPの適用領域を定量的に示した.本論文で示した評価手法,および評価結果は,大規模システム構築の際に,方式構成の設計指針を得る等の効果が期待できる.