Wavefront Array動作が可能な汎用超並列マシン向け結合網アーキテクチャ

田邊 昇  菅野 伸一  小柳 滋  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J78-D1   No.2   pp.99-107
発行日: 1995/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 特集論文 (超並列コンピュータシステム論文特集)
専門分野: 相互結合網
キーワード: 
超並列計算機,  相互結合網,  ウエーブフロントアレー,  細粒度処理,  

本文: PDF(657.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では数万ノード規模の汎用超並列計算機上での高効率なwavefront Array動作実現のための結合網アーキテクチャを提案する.提案するアーキテクチャは局所的な通信バンド幅の低下や実装で破たんしない結合トポロジー,大規模正方2D-meshの3次元構造の結合網への埋込み方法とwavefront array通信のための高い実効バンド幅の実現法から構成される.解析的な性能モデルにより提案アーキテクチャとプロセッサ間チェイニング機構を備える超並列マシンの超細粒度行列乗算性能が予測されており,512元正方行列乗算が62.5MHzで動作する64Kノードのマシン上で3.4TFLOPS(倍精度),6.OTFLOPS(単精度)で実行されることが示される.この性能はCray Y-MPにおけるベンチマーク値よりそれぞれ13,100倍,23,100倍高速である.