誘電体球による電磁波のパルス応答―後方散乱と前方散乱について―

伊藤 彰  細野 敏夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J78-C1   No.7   pp.331-340
発行日: 1995/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
誘電体球,  電磁波,  パルス波,  散乱,  過渡現象,  数値ラプラス逆変換,  

本文: PDF(554.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
雨雲などを観測する気象用レーダの性能向上などに関連して,誘電体球の散乱現象を解析することは重要な研究である.本論文は,誘電体球に平面電磁パルス波が入射したときの散乱過渡現象について扱っている.特に,遠方で観測される後方散乱と前方散乱の応答がどのようになるかを示した.誘電率,損失,入射波形を変えたときの応答波形を比較した.求めた応答波形全体の中の代表的なパルス波形について,それぞれの応答時刻や波形の特徴から伝搬行路を推定し,散乱現象の考察を行った.過渡応答の計算には,FILT法を用いた.